おまとめローンの本質とまとめる意味

おまとめローンと言えば借金の1本化、つまり借金を1つにすることだと思っていませんか?もちろんそれも正解ですが、必ずしも1箇所にまとめる必要はありません。

 

例えば5箇所から借入をしている状態を2箇所に減らすなんて場合もおまとめローンが利用できます。また、借金を1箇所にまとめたとしても金利が安くならないのであればメリットはあまりないでしょう。

 

借入の件数を減らすおまとめローン

おまとめローンは借入先を減らす事が目標になります。つまり1つの業者にまとめるのが理想であると言えます。借入の金額が大きくなれば金利が低くなりますから1つのまとめた方がお得なのです。その他にも返済日がまとまりますから負担が減るというメリットもあります。

 

ですが必ずしも全ての借入を1つにまとめなくても数が減るのであれば恩恵はあります。複数の借金がある場合は1つにまとめるのが難しくても数を減らして行く事が重要です。借金の件数を減らす方法としては個別の借金を完済するという方法もあります。

 

もちろん借金を完済する事は良いことですし何の問題もありません。しかし、これはおまとめローンとは別のお話になってきます。完済できるのであれば優先して返済してしまって構いませんが、今回この方法については対象外となります。

 

おまとめローンは金利を安くする必要がある

そもそもおまとめローンは借金の負担を減らすために行います。ですから借金を1本化したとしても金利が安くならなくては意味がありません。元々の金利よりも高くなるようなケースはおまとめローンとは呼びませんし避けるべきでしょう。

 

金利が高くなるケースはともかくとして今までの金利と同じ場合はどうでしょうか?確かに大きなメリットはありませんが、全く意味がないわけではないのでおまとめローンと呼んでも良いでしょう。

 

おまとめローンの金利以外のメリット

金利以外のメリットとしては借金の状態を把握しやすくなるというものが挙げられます。複数の借金をしている状態では自分の借金の総額や年間での金利などが把握しにくいです。また、返済日もバラバラになる可能性が高く返済に気を使うようになります。当然ながら返済プランも立てにくい状況になるでしょう。

 

また細かい話にはなりますが、借金の返済時にATMの利用や銀行振込の利用があります。こうした返済時に手数料がかかることは少なくありません。複数の業者に毎月何度も返済をするような状況になれば手数料もばかになりません。

 

年間で計算すると手数料だけでもかなりの金額ですが、1本化すれば最小限の手数料で済みます。手数料だけでなく単純に手間が減ることも嬉しいですね。おまとめローンでは金利が下がらなくてもこうした負担を減らすメリットがあるわけです。

 

サービスの名前がおまとめローンでなくても良い

中にはおまとめローンは「おまとめローン」という名前のサービスでなければいけないと考える人もいるようです。ですが、おまとめローンの本質を考えれば分かるようにサービスの名称は関係ありません。もちろん名称に「おまとめローン」とあれば多重債務の借換が行いやすいという考えはありますが、名称にこだわらず低金利のローンに乗り換えをすれば問題は解消するわけです。

 

実際に消費者金融でおまとめローンという形でサービスを提供しているのはアイフル、プロミス、アコムのみです。では他社ではおまとめローンができないのかというと、そうではありません。例えばモビットで融資枠が余っている状態で追加融資を受ければ他社の借金が完済出来るとします。

 

他社の借金はなくなりモビットだけの借金になるのであれば実質的に1本化に成功しているわけです。つまりサービスの名称に関わらずおまとめローンは成立するのです。今回はモビットを例に挙げましたが、もちろん他社でも同様の事は可能です。

 

消費者金融だけに限らず銀行のローンでもおまとめローンという名称をつけていないものの、実質的には1本化が可能なケースというのはよくあります。おまとめローンは多重債務の状況を改善し低金利にすることが目的ですから名称にこだわる必要はないのです。名称に縛られず良い条件で借入できる業者を探して1本化してみましょう。

こちらもおすすめ!カードローン!

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日