少額の融資では金利が高くなるのは本当?

少額の融資を希望した場合、金利は高くなります。これはキャッシングにおいては、借り入れ金額が大きくなるほど金利が下がるというシステムになっているからです。これには利息制限法という法律が絡んでいる面もあり、この金利について見ていきます。

 

無利息期間サービスならココがオススメ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

プロミス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

50万円以下の金利は同じです

借り入れを行った金額が50万円以下の場合、どのキャッシング会社でもまず最高の金利率が適用されると思ってください。大手の消費者金融では18%が最高金利のことがほとんどです。50万円以下にはそれが適用されます。100万円を超える額の融資になると、キャッシング会社に関わらず、最高でも15%の金利になります。これには上に書いた利息制限法という法律が絡んできます。

 

この利息制限法では10万円未満の融資に対しては20%、10万円〜100万円未満では18%、100万円以上になると15%が設定できる最高の金利率だと定められています。これを超える金利の設定は違法になり、キャッシング会社では融資額によって必ずこの範囲で金利を設定します。ですので100万円を超える融資になると、金利は最高でも15%になるのです。

 

10万円未満の場合は金利を上げる業者も

大手の消費者金融の場合、100万円未満の場合は最高金利を設定することがほとんどです。それが軒並み18%程度だということは上に書きましたが、これは利息制限法による、100万円未満の場合は最高18%までという制限に由来しています。

 

10万円未満の場合は20%まで設定することが可能ですが、大手の消費者金融では100万円未満を一律に考えているのです。そのため、最高でも18%にしています。ですが中小の消費者金融では100万円未満と10万円未満を別けているところがあり、10万円未満の場合は18%を超えて20%までの範囲の金利を設定されることがあります。

 

これは中小の消費者金融は大手と比べてそれほど利用者の数がいないので、少しでも多くの金利を得ようとしているからです。もちろん法律に違反している訳ではありませんが、この点から10万円未満の場合は大手の消費者金融を利用した方がいいかも知れません。

 

金利20%は遅延損害金と同じ利率です

返済日に支払いができなかった場合、利息とは別に遅延損害金を要求されます。これはキャッシング会社を問わず、20%で統一されています。(法定での最高利率です)利息は日割りで発生しますので、例えば返済が3日遅れてしまった場合、その3日分の利息と同時に遅延損害金も支払うことになります。

 

この遅延損害金は返済日を守らなかったことに対するいわゆるペナルティですが、金利が20%ということは、そのペナルティと同じ金利を最初から設定している訳です。そのような業者を利用することは避けた方がいいでしょう。

 

少額融資専門の業者は金利が高いです

最初から10万円や20万円までの借り入れしか行うことができない、少額融資専門の消費者金融が存在します。このような業者では、金利を利息制限法における最高利率に設定していることが多いです。これは元々貸し出す金額が少額なので、少しでも金利を得ないといけないからです。

 

10万円未満を専門に貸し出す業者では、金利は法定ギリギリの20%に固定していることがほとんどです。少額が希望の場合でも、このような業者から借り入れを行うのは避けた方が懸命です。大手の消費者金融では融資金額に関わらず最高でも金利は18%なので、少額でも大手から借りた方が得になります。

 

大手の少額専用コースを利用しましょう

大手の消費者金融であるアイフルでは、10万円未満の融資に対する専用コースを用意しています。少額の融資専用のため、書類の記入が必要なく、また通常の融資の場合と比べて審査が速いのが特徴です。申し込みに必要な書類は身分証明書だけです。

 

借り入れを行う額は10万円未満ですが、それによって金利が上がることはありません。アイフルの設定している最高金利である18%です。金利だけを見ると他の大手の消費者金融と変わりませんが、通常の融資を比べて審査が速く、また通過率が高いので、10万円未満の借り入れにはおすすめです。

 

少額だと無利息期間が発生する業者もあります

新生銀行のカードローンのレイクでは、融資金額が5万円以下の場合、借り入れを行ってから180日間は無利息になるというサービスを行っています。このレイクは元々は消費者金融ですが、現在では新生銀行にその貸金業務が譲渡され、銀行のカードローンになっています。

 

このサービスは5万円までの借り入れを行う場合、かなり魅力だといえます。およそ半年以内に返済をすれば、一切利息を支払う必要がないのです。またこれは初回の借り入れ時の1回のみのサービスです。もし180日を超える借り入れになった場合、181日目から1日分の金利が発生します。無利息期間に返済ができなかった場合でも安心です。

 

このような少額の融資だからこそ受けられるサービスもあるので、少額の借り入れを行う前には金利やこのような無利息サービスについて調べてから申し込みを行うことをおすすめします。

こちらもおすすめ!カードローン!

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日