時効の援用に必要な5つのポイントを確認しましょう

キャッシングでお金を借りることができるのは、決められた日時までに返済することを約束するからです。しかしいろいろな理由によってキャッシングの返済が滞る方もおられることでしょう。さらにキャッシングの返済をわざとせず、借金を踏み倒すために今逃亡している方もおられるかもしれません。

 

実際、返済を一定期間しないでおくと返済義務が無くなるという場合があるのです。これが時効と呼ばれるものであり、キャッシングもこの時効の対象となります。商法上の商行為として融資が行われたのであれば、時効の期間は5年であり、この5年間返済を含む取引行為がない場合は、キャッシング会社は債務者に対して返済を求める権利を失うのです。ただ5年間逃げ回るだけではダメで、時効が認められるためには時効の援用をする必要があります。

 

時効の援用とはどういうもの?

時効の援用の説明をします。これは債務者が「消滅時効の期間が経過したので、私がお金を返す必要ありませんよね?ブラックリストからもちゃんと消去してくださいね」とキャッシング会社に宣言すること言います。もちろんキャッシング会社だって商売でやっているのですから「はいわかりました」と簡単に応じる訳ではありません。

 

実はさっき5年間経過すれば時効になるとお伝えしましたけど、実際は条件が付きます。時効には中断事由というものが法定されており、その中断事由に該当することをしてしまうと、時効期間の経過がストップして、最初から数え直しとなります。そしてその中断事由というのは、これは債務者が「私はキャッシング会社から借金しています」という何らかの意思表示をした場合です。一般的にどのキャッシング会社でも返済期日にお金が入金されていないと電話などを使って返済の催促をするはずです。

 

この催促の電話の対応で「そのうち返済します」とあなたが言ってしまうと、これが借金を認めた、つまり中断事由となってしまうのです。これ以外にもキャッシング会社がお金を返してもらうための手段を取った場合も時効の中断になることがあります。キャッシング会社が仮処分や差し押さえなどの司法手続きを取った場合も時効の中断となるのです。

 

例えば4年間返済の催促もなく経過した時でも、残り1年のうちにキャッシング会社が仮処分なり差し押さえなりのアクションを取ると、その時点で時効が中断し、その中断の時点から新たに5年間経過しないと時効が成立しないのです。つまりこれまで経過した4年間は無駄になります。

 

時効の援用を行うための5つの段階

5つのステップを順に踏めば時効の援用が可能となります。最初のステップは時効の援用が可能かどうかを調べることです。時効の援用は、返済を含む最後の取引をしてから5年間経過後に行うことができます。最後の返済をしたのを年単位では覚えていても月単位日単位で覚えておられる方は少数派でしょう。

 

そのため5年間丸々経過したのか最初に確認してください。2つ目のステップは、お金を借りているキャッシング会社と連絡を取ることです。これは時効の中断に当たることがないかチェックするために行います。3つ目のステップは、援用するための書類、援用通知書を作成することです。

 

時効の援用については電話を使ってもできますが、電話だとどうしても言った言わなかったの堂々巡りになる可能性があるので、文書を作成して送る方が後々面倒にならずよいでしょう。4つ目のステップは、作成した援用通知書を内容証明郵便でキャッシング会社に送付してください。内容証明郵便はちゃんと送ったことを郵便局が証明しますので、キャッシング会社が「援用通知書なんて来ていない」という反論をするのを予め封じることができます。

 

最後の5つ目のステップですが、援用通知書を送付した後、催促状が来なくなったかを確認してください。援用通知書を内容証明郵便で送った後に返済の催促情が来なくなったら、それはキャッシング会社が時効を認めたということになります。以上の5つの段階を順に踏んで、消滅時効を主張してください。

 

これらの5つのステップはあなた自身で行っても良いことになっており、法律上も問題ありません。ただし本当に5年間経過しているか素人が調査しても、なかなか骨の折れる作業の連続です。楽をするためにも専門家に丸投げすることをお勧めします。

 

借金問題を専門に扱っている司法書士や弁護士の先生に相談してみましょう。時効の援用が認められるにはかなりハードルが高いです。相手は取り立てのプロであるキャッシング会社です。一筋縄では行かないことをしっかりと理解しておきましょう。

こちらもおすすめ!カードローン!

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日