60万円程の借入があったら、絶対に視野に入れるべし!

いくつかの金融業者から少しずつ借りているあなた!もしも合算して60万円を超えるようなら、おまとめローンを検討し始める時期です。そして、80万円を超えているなら具体的にアクションを起こしたほうがいいかもしれません。

 

更に、100万円を超えているなら、直ちに手続きに取り掛かりましょう。ただし、金額についてはあくまでも目安です。何故かというと、この業界では借入金額で金利が定まるわけではないからです。

 

最高金利のボーダーは50万円

50万円まで収入証明を必要としない消費者金融はとても多いことはご存知でしょうか。このことが関係し、最高金利が付される借入金額は50万円前後が通例です。この例から考えるといくつかの業者から借入を行っていたとしても、50万円を下回る場合にはおまとめローンの利用如何に係わらず年利18%が課せられると考えられます。

 

60万円だったら、おまとめローンの恩恵ありかも!

ではどれくらいからおまとめローンの恩恵を与れるかというと60万円がひとつの目安になっています。一概には言えないのですが、業者、利用者の信用度などで変わってきます。どういうことかといえば、信用に値する人であれば金利は下がり、反対に信用されなければ金利は高いまま。一覧表で○%と示せるものではないのです。返済に不安がある人ならば、金利で補おうと判断されても致し方ありません。それでも60万円ボーダーを頭に入れておくとよいでしょう。

 

80万円は金利を下げやすい金額です

借入の合算が80万円を超えたなら、金利低下の期待大です。稀に下げてもらえないケースが無いわけではありませんが、利用者のクレジットスコアが並のレベルであれば下がると思って間違いありません。さあ、こうなったらおまとめローンに向けて、具体的な情報収集を開始したほうがよさそうです。

 

100万円を超えたら、おまとめローンを考えなきゃ損!

合算で100万円も借りられる人ならば、どこから借りていても金利は下がります。もしも金利が下がらないというのであれば、それは業者側の問題アリ。大手の場合であれば、そんな心配はまずありえません。したがって、計算してみて100万円を超えたなら速やかにおまとめローンの手続きに取り掛かりましょう。いくつもの業者から借入している状態を多重債務と称しますが、間違いなくまとめたほうが楽になります。

 

「下がらないからしない」は大間違い!

さて、「金利が下がるならおまとめローンを検討しよう」というスタンスでご紹介してきましたが、もしも金額は嵩んでいるけれど金利が下がらないという人はどうすればいいのかということについて考えてみましょう。ズバリ!多重債務であれば、おまとめ必須です。これは借入残高が把握しやすいというメリットが生じるという理由です。例えば、多重債務で残高が明確に言える人はどのくらいいることでしょう。

 

殆どの人が「だいたい○円くらいかな」という曖昧な答えしかできないものなのです。これは借りたことのない人からするとアンビリーバブルな感覚なのですが、あっちの金利はいくら、こっちはいくらとまちまちなので、暫くすると正確に把握することが面倒になってしまい、挙句の果てには放棄してしまうのです。こんな状況下にいると返済もルーズになりがちです。

 

対策方法として正当なおまとめローン

「自分でいくら借りたのか、いくら返さなくてはならないのかわからない」という樹海に迷い込んでしまった人は、直ちに生き延びるための方策を考えなければなりません。その時にも、おまとめローンは最適です。金利が下がらないことが前提であったとしても、自分の返済額をしっかりと把握できることは非常に意味のあること。漠然と借金の不安を抱えるよりも、ずっと健全な状態と言えます。

 

もっとイイことあります 「手数料がかからない!」「面倒が減る!!」

返済方法について考えたことはありますか?少額だからといって、手数料に無頓着になっていませんか?もしも銀行カードローンの利用者ならば、コンビニのATMでは手数料がかかりません。でも消費者金融業者を利用しているならば、コンビニのATM手数料は有料の場合が多く、銀行を使ったとしても同様です。もしもこの手数料を惜しもうと考えたら、専用ATMを利用する他ありません。

 

多重債務者の傾向として、返済額ばかりに気を取られ、手数料に気が回らないことが間々見受けられます。このような人たちが手数料の支払いだけでも軽減されたならば、それだけでもおまとめローンにした甲斐があります。更にこの場合においても、何度も専用ATMまで足を運ばなくてはならないのですが、その面倒がなくなれば心も軽くなることでしょう。

 

手数料で払うお金、専用ATMまで行く面倒が一気に解決に導かれるおまとめローン。このことからも、金利が下がらないと嘆いて何もしないより、おまとめローンを利用したほうが断然いいと理解出来るでしょう。多重債務であればこそ、漠然と返済しているだけではもったいないのです。

こちらもおすすめ!カードローン!

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日